須恵
深田
上
免田
岡原



↑ この写真は、アルバムに有る第5回総会の集合写真です。

 

   知ったかぶり-Ⅱ

知ったかぶりして、あさぎり町の紹介をしようと思います。
(球磨を離れて、ん十年、間違い部分はご指摘をお願いしま~す!)
また、このコーナーで紹介して欲しいことがありましたら、出来れば写真付きで「メール」 投稿をお願いします。


世界灌漑遺産 百太郎溝・幸野溝  新着

   2017/2/1の朝日新聞熊本版に「300年間現役 登録を祝う会」が錦町で開催されたとありました。
忘れていました。インドのニューデリーに本部を置く国際かんがい排水委員会(ICID)が、昨年11月8日にタイのチェンマイで開催され、日本から申請があった14施設を「世界かんがい施設遺産」として登録が決定していたことを。
そうです、その14番目に幸野溝・百太郎溝水路群が有ります。

   「かんがい施設遺産」と言えば、熊本県人で山都町の通潤橋(通潤用水)を知らない人は居ないのでは?
今回は、300年以上も前に先人が作った百太郎溝・幸野溝が今も現役として活用されていることを知らしめた登録です。

で、どこを流れているのかというと、下の記事に国土地理院の地図を埋め込んであるんですが、クリックされた方は居られないかも?
免田川との交差はサイフォン式で免田川の川底を伏し越ししている。免田川との交差はサイフォン式部分をクリックして表示される+部分が百太郎溝のサイホンが有る箇所です。 左下の縮尺ボタン「-」をクリックし、300m表示にして5センチ程南側にあるのが幸野溝です。
この地図はマウスで動かすことが出来ます。幸野溝は破線表示(暗渠 あんきょ)が多いですが、湯前町の発電所のマークに辿り着きます。

その暗渠が日本最古の「石合掌作り構造」であることが評価されて世界かんがい施設遺産に登録されたんだそうです。
誰かその写真を投稿してください!


幸野溝

あさぎり町にお住まいの方から写真投稿がありました。

写真は撮影スポット①で、上東(永山地区)から免田川を跨ぐ開水路橋。その昔は石組みであった幸野溝も、今ではコンクリート製に。右手が免田川です。

麓の幸野溝

撮影スポット②は、地図の赤い部分の開水路橋を県道43号線から見た麓地区の写真。(写真クリックで拡大)
ここも既に石組みではないが、年代を感じる。流れは、白髪神社境内の地下を潜る暗渠に繋がります。

撮影スポット    地図クリックで拡大します。

疏水・百太郎溝

百太郎溝旧樋門

   あさぎり町には球磨川に合流する免田川、井口川、田頭川、銅山川などの自然の川以外に、球磨川を源流としている疎水が2つ流れています。(球磨川の左岸にあるため、須恵、深田の方はご存知ではないかも?)
  疏水とは、辞書には灌漑(かんがい)・給水・舟運・発電などのために、新たに土地を切り開いて水路を設け、通水させることとあります。

写真は、多良木町の史跡「百太郎溝取入口・旧樋門」です。写真クリックで説明文が有ります。

   関西で疎水と言えば、滋賀県の大津から京都の宇治川につながる琵琶湖疏水が有名で、桜の頃になると「山科疏水」と言う名称にもなる。その疎水百選にあさぎり町を豊かにしてきた「百太郎溝」と「幸野溝」が選ばれています。

   あさぎり町のルートマップには疏水名までは記載されてはいないが、ルートマップ更新時にはあさぎり町を豊かにしたこの2つの疏水名も是非記載いただきたいものである。
地図を拡大し、多良木町を見ていただくと、球磨川の取水口「百太郎堰」が記載されている。幸野溝は219号線と交わった所までしか書かれてはいないが、球磨川の取水口は現在の場所(発電所)よりも600m程上流の湯前町の馬返であったらしい。
   荒野に水を引き込むための百太郎堰の着手は鎌倉時代末期の1670年代(*1)?とも言われ、多良木町字松下から多良木町、旧岡原村・上村・免田町を通り、錦町の原田川に至る五期に亘った全長約19kmが完成したのが1710年。灌漑面積は約1500ヘクタールにも及んでいます。
   *1.写本・「百太郎溝由来」に延宝八年(1680)に岡原村宮原まで掘り通しとある。

これらの工事の全てが流域農民達の手(*2)によるよるもので、堰を何度作っても豪雨時期になると跡形も無く壊れ、幾多の難工事と多大な犠牲のもと偉業が成し遂げられたので、百太郎の人柱伝説まで有る位です。以来、昭和35年に始まった百太郎利水南部改修工事の際に新しい樋門と交換されるまで一度も壊れることもなく使われ、その旧・百太郎樋門を移築した百太郎公園(多良木町、写真)で見ることが出来ます。
   *2.元禄九年(1696)、岡原村宮原から上村の脇井手・免田川までは、上村の無援の農民12歳位から70歳近い老人までの老若男女が総出で掘りとばした。と記録にある。

幸野溝には谷水薬師近くに水路橋があるので疏水と判るが、百太郎溝を下ってヘルシーランドの先まで行くと免田川との交差はサイフォン式で免田川の川底を伏し越ししている。ここを見るとやっぱり疏水なんだな~と思う。

中学時代に渡ったことのある吊り橋(石田橋)を渡ってみましたが、結構揺れましたね。サイフォンの入り口側にはゴミが多くて、出口のみの写真としました。

百太郎溝 石田橋 サイフォン
岡原付近にて

免田川を跨ぐ吊橋(石田橋)

サイフォン出口

   この疏水が、流域の原野に球磨川の水の恵みを注水し、広大な米の耕作地へと変貌を遂げさせ、今では流域の生活基盤の安定と経済発展の基礎を築き、それが言うまでもなく『球磨焼酎』の原料となる米を美味しくさせている。今では溝という名前が自然に溶け込んでいるため疏水と思われる方が少ないかも知れないが、水田に留まらず防火用水や生活の水に 'なくてはならない存在' となっている。
今の様に土木機械が無かった時代に、球磨川に堰を作り、その水をくま川鉄道の経路言えばで免田から人吉までの約19kmを引き込むことは難業だったと思う。これを引き継いでいる我々は、300年も前に伏し越し(サイフォン)等の高等な工事をした農民(先人)を誇りに思わなければならないし、忘れてはならない、今の球磨が繁栄する水利事業の文化遺産を残してくれた先人が居たことを。

*旧岡原中学校の 校 歌
      不毛の土に水を引き  豊かな郷に育んだ  人の恵むを仰ぐとき
    ・・・とありました。
  熊本県内の多くの校歌を作詞した山口白陽の頭の中にもこの幸野溝や百太郎溝のことがあったんだろうか?

   ここに「百太郎溝史」という本があります。百太郎溝土地改良区が 高田素次氏 に執筆・編纂を依頼し、平成5.9.1発刊されたもので、その冒頭に 『人柱伝説』 の記載があるので、引用します。
   (…その16ページに筆者の判断があるがそこまでは云うまい。)

百太郎溝の人柱伝説は生きている。

百太郎之碑      多良木町の慈願寺には、百太郎溝の人柱になったという百太郎の大きな供養碑が建てられていて、
百太郎溝土地 改良区では、毎年この寺でその法要を盛大に営んでいる。
伝説は伝説ではなく、史実と信じられて生きているのである。

供養碑は百太郎公園にあるものと同じ樋門で作られており、その左側面には以下が刻まれています。

南部利水計画に基く百太郎大改修に際し その樋門の一部を移し
開鑿当時 人柱となりたる百太郎の供養と                 
五穀豊穣の願いをこめて この碑を建立す                 
        昭和三十五年四月二十八日    百太郎奉讃会


上永里の雲羽(くもんは)神社

  あさぎり町上南(旧、上永里川久保)にある雲羽神社に40年ぶりかに訪れてみました。

「何んか違うなー」と鳥居をくぐって進んでいくと、そう二重屋根になっていました。
私の記憶では茅・藁葺きでしかないが、宮原観音を見た時に、萱葺きの文化財を維持するのも大変なんだろうな・・・という現実がこの雲羽神社では取り込まれていました。
コンパクトデジカメでは屋根の上にまではフラッシュが当たらないが、その雰囲気は掴んで頂けるんでは。

かえる股?
雲羽神社
社殿
流造り
側面図
かえる股(拡大)

  側面写真の「流造り」では屋根構造の全体が映せてはいないが、前の方に流れた茅葺き屋根で、三間社流造(さんげんしゃながれつくり)というらしい。創建は、南北朝時代に永里城主 永里彦次郎 が建てたと伝えているが定かではないらしいが650年も前?。 現在の社殿は、寛永13年(1636)に建立されたとかで、それにしても370年も前のことで町指定の文化財になっています。

  もうひとつ紹介したいのが、写真右端の"かえる股"。
京都の平等院と同じ時期に世界遺産に登録された「宇治上神社・本殿」の"かえる股"はH13年に切手にもなっていますが、かえる股とは建築用語で、かえるを漢字で書くと「蟇」で、暮らしという字の日の部分が虫という字に似ている。で、蟇股(かえるまた)とは、かえるが水に飛び込む様を思い出していただけば、形がご理解いただけると思います。(クリックで拡大します)

  雲羽さんにまつわる昔話は、広報あさぎりに2005年8月に「上村の私雨(わたくしあめ)」として、また、9月には「雲羽神社の天狗さま」も掲載されています。

  天から落ちなった雷さんの話は、高田素次氏 の語りで"関西しらがね会"のHP 情報 ⇒ e-球磨の民話 「湯前の大明神」に掲載(但し、ファイルが大きいので、クリックしてもページが表示されるのに時間が掛かります。) してありますので、お時間のある方はそちらで聞いてください。


↑戻る

秋時観音 と 山頭火の句碑

  あさぎりの「相良三十三観音めぐり」をしていて30番の秋時観音の入り口に、何やら読めない句碑(句碑1)がある。 じ~っと見ると、
山頭火とある。
久鹿の了円寺の句碑を紹介していることもあって、放置も出来ないが、免田の後、上村にも立ち寄んなったとですか?
平成17年3月に種田山頭火の生誕地の山口県防府市などから寄贈されたもの。でも思う、子どもにも読める字で裏側に刻んでいただけば、もっと山頭火ファンが増えるんではないかと。

JA5DLG のHPに、ここには5句あるというので、1年ぶりに訪れ撮り忘れた句碑2と句碑5を撮り直ししました。
堂の屋根に落ちる銀杏の音にビックリした昨年でしたが、今年は黄色くならないままに殆どが落ちていました。

今日の道に
お彼岸の
春風の
落ち葉ふる
朝参りは

写真左から句碑1、2、3、4、5の順です。(マウスでズームアップします)

句碑1: けふのみちに たんぽゝさいた

これ自筆?
山頭火は全国を行乞(ぎょうこつ)しながら8万句以上も詠んだこともあって、山頭火のことを書いたWebは数多くありますが、
けふのみちx たんxxxxた までは解読?したんですが、「けふのみちの たんぽゝさいた」に一部似てる様な…?
Webで探すのに時間が掛かりましたが、「けふのみち」で検索するとやっと見つけ出しました。

次に、撮り忘れたのが駐車場にありました。これは講釈が要らないですね。
あさぎり町にお住まいの方の 赤く染めるは彼岸花 に彼岸花と一緒の写真があります。

句碑2: お彼岸の お彼岸花を みほとけに

参詣階段の上がり口にあるのは、

句碑3: 春風の 扉ひらけば 南無阿弥陀佛

防府市の松田農園の40基のひとつ、宇治平等院の外苑、福岡県田川郡方城町や香春町にもあるらしく、これで5基目?多い句では6基もあるんだとか。

その直ぐ後ろにあるのが、これまた読めない。・・・み佛をみる。

句碑4: 落葉ふる 奥ふかく み佛をみる

やっと探しました。防府市の護国寺境内の裏庭には自筆の句碑があるそうです。

観音さんへの階段を登り切った左側に有る句碑は、

句碑5: 朝まゐりは わたくし一人の 銀杏ちりしく

朝方なのに薄暗い堂で写真を撮ったり参拝している際に、ドカンと音を立てて屋根に落ちてきたのが銀杏。
四国・四十四番札所 菅生山 の大寶寺(松山市)参道にも銀杏が落ちて来るんだろうかと思いを馳せる。

5句とも判って、やれやれ。
山頭火の年表を見ると、熊本県にもかなりの期間滞在されていたんですね。


あさぎり町の 観音さん 巡り

  球磨・人吉には相良藩が700年も続いた影響で、鎌倉文化の流れを受けた貴重な寺社や仏像が数多くあり、観音さんの信仰が盛んで「相良三十三観音巡り」も江戸時代の中期から続いているとされています。
相良三十三観音 にはその三十五体(*)の写真クリックすると、その詳細と影像もありますがあるので、一度に拝がむことができます。
他にも人吉球磨「相良三十三観音」にもその詳細があります。

あさぎり町には、そん内の  七体 も 有ッとですよ。

そん場所は、あさぎり町ルートマップ を見ていただければ、大体の場所は判っと思いますヨ。

札 所 名 称 場 所(旧地名) ご 本 尊 ご 利 益
19番
内山観音
深田・内山 十一面先手観音坐像 安産と病気平癒に
20番
植深田観音 深田・植深田 聖観音立像 疫病、災厄除けに
21番
永峯観音
深田・永峯 如意輪観音立像 願い事や安産に
22番
上手観音
須恵・上手 聖観音立像 安産に
22番
覚井観音 須恵・上手 十一面観音坐像 安産、家内安全に
29番
宮原観音 岡原・宮麓 聖観音坐像 子授け、安産に
30番
秋時観音 上・秋時 十一面観音立像 妊婦、家畜の守り神。ボケ封じ、耳の病に

  (*) 須恵の上手(うわて)には2箇所に観音堂があり、同じ22番札所。
         水上の岩野でも同様で、24番札所が2箇所に。
         球磨・人吉には観音さんが多くて三十三観音にはかてて貰えないのも有っそうです。

   通年開いている覚井観音以外は、年に2回(春の彼岸の中日と秋の彼岸の入りから明けまでの1週間)しか開帳されないが、ここまで下調べをした上で、その賑わいを外した季節外れの11月に「あさぎりの観音さん巡り」をしてみました。 読んで、クリックしてリンクを見ていただけば、廻った気分にはなりはしませんか?

右折、内山観音、植深田観音 19内山 20植深田 21永峰 29番
19番、20番
19番・内山観音堂
20番・植深田観音堂
21番・長峯観音堂
29番
右折、上手観音 22上手 22覚井 29宮原 30秋時
22番
22番・上手観音堂
22番・覚井観音堂
29番・宮原観音堂
30番・秋時観音堂

以下の説明の殆どは、案内板やWebなどからの受け売りです。

「内山(うっちゃま)観音」堂に本来あった木造の千手観音菩薩は、明治15年と32年に二度も火災に遭われて焼け焦げなさったんだそうで、今でも堂内に保管されているらしかですが、その堂の中を覗くことは出来ませんでした。
(写真をクリックすると案内板を拡大します)
内山観音案内
 
案内板

今のご本尊は平成8年に迎えられたとかで未だピカピカのブロンズ製。P、W/C有り。

  昔話の "やじゃあどん" は、慈眼寺[じげんじ]の茅立て場に茅切りに行こうと思うて・・・という切り出しで始まる「木上のやじゃどん」は、こん近くに向こうとんなったみたいですばい。(高田素次先生の語りを e-球磨の民話で聞こう)

登山口
眺め

「植深田観音」堂は登山口みたいな厳しい急な石段を上った岩崖の上に在るが、踏み代の狭い石段をどうやって年配者の方は登って行かれたのだろうか?と考えてしまいます。

観音さんへの登山口
堂からの球磨川

今では石段が傷んでるためか、通行止め(上り口には表示はないが)になっており、脇の参拝道からのみになっている。
堂の前から球磨川を眺めながらザーッという瀬の音を聞くのいいですネ。観音さんは球磨川を向いておられ、ここからいつも瀬音を聞いて心やすめて居られるんでしょう。案内板 W/C有り。

 

・県道沿いある「永峯観音」は、看板がなければ通り過ぎてしまう民家の間にあります。三十三観音の中でも、ここのご本尊だけが如意輪観音菩薩とのことで、格子の間から拝むことが出来ました。

年代不詳の木造のご本尊なんだそうですが、270年程も前の享保19年(1734年)に補修したとの銘がある年代物だそうです。
(観音さんをクリックすると案内板があります。途中までしか写っていないのは、手前の看板が邪魔をしているから)
堂の前には彼岸参りの茶菓子接待をした時のテントの骨組みがまだ残っていました。

永峯観音
 
21番・永峯観音
上手観音

・須恵の川瀬には水量豊かな球磨川の直ぐ傍に「上手(うわて)観音」があります。

堂の近くに大きな岩があることから「岩立観音」とも呼ばれ親しまれているそうですが、いつのまにか三十三観音霊場にかてられたことから、覚井観音と同じ札番になっているそうです。

22番・上手観音
 

ここも格子から拝むことが出来ました。(観音さんをクリックすると案内板があります。)

覚井
覚井観音

「覚井観音」堂も道路拡張時に移築されていて「あん角ば、右んさん入って行くんなっと在っとばい」と教えて貰わないと県道からの入り口が判り難い。
案の定、右手にあった看板を見逃してしまった。ガソリンスタンドの前にも看板が欲しい。

見えなかった看板
22番・覚井観音
 

   ここだけは通年開帳されており、檜の一木造りに彩色(説明文には、粗悪な塗料で全体を塗り替えられてしまい当時の品格が損なわれたとあった)された十一面観音座像を拝むことができました。

「宮原(みやんはる)観音」堂は黒原山の麓に位置し、宮原川の傍に在ります。
重厚な茅葺きで桃山時代の特色を示した建屋からは400年の歴史と風情(平成5~6年の改築で復元されたと案内板にあった)が感じられます。

宮原観音堂 宮原川
 
宮原観音堂
清流 宮原川

当然、時期外れでは江戸時代からある金箔のご本尊は見ることは出来なんだが、彼岸以外にも旧暦の7月9日にはお祭りがあるそうです。P、W/C有り。


2009/8/16追記宮原観音の秋の彼岸の写真を掲載されているサイト 写真旅紀行 がありましたので、リンクを張ります。

宮原観音堂 宮原観音堂

秋時観音には家から近かったこともあって、子どもの頃に何度か行った記憶がありますが、たどり着いた曲がり角にはぼけ封じの看板の対面に何やら句碑らしきものが。
よく見ると、山頭火とある。これは別項目で紹介します。

30番 ぼけ封じ
30番・秋時観音
 

  近くの花牟礼山にあった永里城の菩提寺「珠宝寺」が明治維新頃までここ建っており、そこのご本尊であったとのことです。
山水で手を洗って参拝。
ここだけは何故かは知りませんが、牛などの家畜の守り神としても知られています。P、W/C有り。

  今や堂の殆どは改築・改修がなされていて、建物から往時を偲ぶことはできませんでしたが、アルミサッシュには違和感を感じます。
本堂の近くには、地元の人が茶菓子や自慢の煮しめなどを振舞ったり、あさぎりの特産品を売る休憩所もあったりして、観音さんのおかげで人に出逢い、皆なで生きがいある毎日をおくる交流の場なんだな~と感じました。「元気にしとんなったですか~?」と聞こえてきそうです。

  観音堂のある地元の方々のお守りも大変だとは思いますが、ご利益欄の殆どに 「安産に」 とあるこの大切な文化遺産を次世代に残すためにも宜しくお願いしま~す。


勝手にリンク
  • 知ったかぶ

    © 「あさぎり町ふるさと関西会」