須恵
深田
上
免田
岡原



↑ この写真は、アルバムに有る第5回総会の集合写真です。

 

   知ったかぶり

知ったかぶりして、あさぎり町の紹介をしています。
(球磨を離れて、ん十年、間違い部分はご指摘をお願いしま~す!)
このコーナーで紹介して欲しいことがありましたら、写真付きで「メール」 投稿をお願いします。


上永里の雲羽(くもんは)神社

  あさぎり町上南(旧、上永里川久保)にある雲羽神社に40年ぶりかに訪れてみました。

「何んか違うなー」と鳥居をくぐって進んでいくと、そう二重屋根になっていました。
私の記憶では茅・藁葺きでしかないが、宮原観音を見た時に、萱葺きの文化財を維持するのも大変なんだろうな・・・という現実がこの雲羽神社では取り込まれていました。
コンパクトデジカメでは屋根の上にまではフラッシュが当たらないが、その雰囲気は掴んで頂けるんでは。

かえる股?
雲羽神社
社殿
流造り
側面図
かえる股(拡大)

  側面写真の「流造り」では屋根構造の全体が映せてはいないが、前の方に流れた茅葺き屋根で、三間社流造(さんげんしゃながれつくり)というらしい。創建は、南北朝時代に永里城主 永里彦次郎 が建てたと伝えているが定かではないらしいが650年も前?。 現在の社殿は、寛永13年(1636)に建立されたとかで、それにしても370年も前のことで町指定の文化財になっています。

  もうひとつ紹介したいのが、写真右端の"かえる股"。
京都の平等院と同じ時期に世界遺産に登録された「宇治上神社・本殿」の"かえる股"はH13年に切手にもなっていますが、かえる股とは建築用語で、かえるを漢字で書くと「蟇」で、暮らしという字の日の部分が虫という字に似ている。で、蟇股(かえるまた)とは、かえるが水に飛び込む様を思い出していただけば、形がご理解いただけると思います。(クリックで拡大します)

  雲羽さんにまつわる昔話は、広報あさぎりに2005年8月に「上村の私雨(わたくしあめ)」として、また、9月には「雲羽神社の天狗さま」も掲載されています。

  天から落ちなった雷さんの話は、高田素次氏 の語りで"関西しらがね会"のHP 情報 ⇒ e-球磨の民話 「湯前の大明神」に掲載(但し、ファイルが大きいので、クリックしてもページが表示されるのに時間が掛かります。) してありますので、お時間のある方はそちらで聞いてください。



勝手にリンク
  • 知ったかぶり

    © 「あさぎり町ふるさと関西会」